特定非営利活動法人バディチーム
お知らせ 2022.07.21

日本財団助成事業『訪問型養育支援強化事業』がスタートしました

バディチームでは今年度から公益財団法人日本財団の助成を受け、あらたに『訪問型養育支援強化事業』をスタートしました。

行政の委託ではないバディチーム独自の訪問型支援をモデル事業として実施していきます。

 

【事業内容】

①他団体・多職種による情報共有・事例検討会

②家庭訪問型養育支援の実施

③中間報告会の開催と報告レポートの配布

 

【事業全体の概要】

経済的困窮、病気や障がい、家族の介護や世話(ヤングケアラー)などの背景により、生活や健康に支障が生じているにも関わらず、制度の隙間に孤立し、社会的にとりこぼされている家庭にスタッフが訪問し、保育・家事・送迎・その他、家庭に必要なサポートを行います。

継続的なかかわりを通して家庭の状況を把握し、官民の関係機関と連携しながら、必要に応じて公的支援や地域の社会資源につなげます。

支援の取り組みをもとに、背景となっている社会的な課題を明らかにし、既存の支援体制の見直しを働きかけ、「みんなで子育て」する社会の推進をはかります。

 

バディチームの訪問型支援は、現在、行政からの委託で訪問を行うことが中心ですが、既存の制度や支援に当てはまらない家庭も多く存在しています。関係者、関係機関からの相談を通して制度の狭間にある家庭に支援を届けたいと思っています。
 
「他団体・多職種による情報共有・事例検討会」では他団体の事例を聞き、理解を深め、官・民・地域住民による連携とネットワークを広げていくことを目指しています。
 
事業の経過や報告は随時こちらのマガジンで紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

【保育バカ一代】vol.9 涙のキッズ もう一度

保育バカ一代(エッセイ) 2023.02.01

【参加者募集中】日本財団助成「訪問型養育支援強化事業」中間報告会

お知らせ 2023.01.18

【登壇報告】オンラインイベント「里親制度のココが知りたい!地域と子どもと里親制度」

お知らせ 2023.01.11