特定非営利活動法人バディチーム

【開催報告】3/21「生まれる前から始める虐待予防~産前産後の家庭訪問型支援の現場から~」vol.2

3月14日・21日に子育て支援・虐待防止の活動に関心のある方にむけて、「産まれる前から始める虐待予防~産前産後の家庭訪問型支援の現場から~」と題して、無料オンラインイベントを開催しました。

https://buddyteam202103.studio.site/

 

全国の虐待死事例のうち、発生時点での子どもの年齢は「0歳」が最も多く(40.7%:H30年度)、このうち月齢では「0ヵ月児」が最多となっています。(31.8%:同)また昨年からのコロナ禍に関連して、産後うつが倍増している可能性を示す調査結果も出されました。これらの数字からうかがえるのは、出産の前後に社会から孤立してしまった親子の姿であり、そうした家庭に対する支援の必要性です。

 

現在バディチームで活動をしている、現場スタッフ「子育てパートナー」3名にお越しいただき、パートナー活動の現状やモチベーションについてお話していただきました。今回は3月21日に開催されたイベントの様子をご覧ください。

 

参加者:

NPO法人バディチーム

●代表 岡田 妙子

●理事 濱田 壮摩

●食の支援チーム 渡井 寿子

 

子育てパートナーの皆様

●田中さん

●平山さん

●青木さん

 

パートナー’sトーク

上段左から渡井・平山さん/下段左から青木さん・田中さん

 

渡井:バディチームの渡井と申します。2018年からパートナー活動を始めて、産前産後、保育などさまざまな家庭に伺ってきました。今は食の訪問型支援の業務を担っております。よろしくお願いします。

早速、現在パートナーとして活動してくださっている田中さん、平山さん、青木さんの3名と実際の支援内容についてお話をしたいと思います。

 

Q1.活動を始めたきっかけは?

 

田中さん:困難を抱える子どものお世話をしたい

 

田中:私は短大を卒業してから幼稚園に勤めていました。2008年に東京に戻ってから、何か子どもに関わるお仕事をしたいと思っていたところ、バディチームさんに出会いました。単なるベビーシッターとは違って、困難を抱えているお宅でお手伝いしたいと思ったことがきっかけです。私自身も産前にうつの状態だったからこそ、これだな、やってみようかな、というふうに思いました。

 

平山さん:自分の子育て経験から パートナーをやらせてください!

 

子どもが乳幼児期の頃は、実家が遠く、夫は仕事ばかりでした。そんな中で2人目を出産した後に、上の子が風邪をひいてしまい、下の子も生まれて1ヵ月半ほどで入院してしまって、とても大変でした。だんだんと不安になって、眠れない状況が続いたのですが、もしあの時に洗い物だけでも誰かに手伝ってもらえたら助かったと思うんです。手伝ってもらえたら、家事が一つ減りますし、気持ちも楽だったと思います。仕事を探していた時にバディチームさんを見つけて、あの時の経験を活かして、お手伝いをしたいと思って登録しました。

 

青木さん:直接、家庭に行って支援をしたい

 

青木:私はもともと民間の相談機関でお母さんの子育て相談をしていました。その中で一番感じたことは、孤独を感じながら子育てをしているお母さんが多いことです。外へ出ると、ほかのお母さんが楽しそうに子育てしているのが目についてしまいます。一方で自分は子どもに対してイライラしたり、マイナスな感情を持ってしまう。そんな私は母親として失格なのではないかと考えてしまうお母さんが多くいらっしゃいます。

 

私が電話で相談を受けた時に、電話の向こうで赤ちゃんがずっと泣いているのが聞こえて、お母さんも泣いているんです。こんな時に1人でもそばにいてあげられたらと強く思いました。お母さんには子育てはひとりで頑張らなくていいって伝えたいですし、みんなが当たり前にそう思える社会になったらいいなと思っています。

Q2 訪問先での支援内容

 

渡井:産前産後訪問型支援の支援内容は主にこちらの三点です。

 

・家事支援(掃除・調理)

・保育(赤ちゃん・兄弟児)

・買い物、病院同行

 

1番多いのは家事支援のお掃除です。例えばお風呂掃除や食器洗い、掃除をやってもらえるだけでも、負担が軽減されます。続いて多いのが保育です。赤ちゃんのお世話や兄弟児の保育を行います。支援の間に休まれているお母さんが多く、本当に大切だと思います。3つ目のお買い物や病院同行も重要です。赤ちゃんや兄弟を連れてのお出かけは本当に大変だと思います。誰か一緒に来てくれる人がいるというだけでも安心感につながると思ってます。

 

お母さんがパートナーとお話をされることが大切

 

 

渡井:最後に産前産後の訪問型支援で大切なことは「お母さんとパートナーとの会話」です。去年から新型コロナウイルス感染拡大の影響で産前産後は家にこもって、孤独感を感じた人が多いと思います。

 

青木:母親としての自信をなくされている方がとても多いです。毎日の頑張りをねぎらうことで、少しでも気持ちが軽くなるような声掛けを心がけています。親にとっては、子どもの成長が1番嬉しいと思いますが、毎日見ていると実感しづらいです。私は週に一回だけ伺うので、「お子さんに表情が出てきましたね」「今日はたくさん声が出てますね」と、積極的に伝えるようにしています。

Q3 子育てパートナーのやりがいは?

 

 

田中さん:いつも、毎回、嬉しさがある

 

田中:もともと人が好きなので、伺うとき毎回嬉しい気持ちで伺いますし、訪問先では楽しい時間を過ごしています。特に赤ちゃんは毎回成長しているので、いつも嬉しいです。

 

青木さん:少しずつの変化、成長を感じた時

 

青木:私はお母さんと気持ちがつながったと思う時が嬉しいです。ある家庭のお母さんは、赤ちゃんの世話で本当に疲れていらして、2時間のサポートの間は休まれていました。回数を重ねるうちに「この月齢の赤ちゃんってどうやってあやすの?」とか、離乳食について「どうやって裏ごしするんですか?」と色々質問してくださるようになりました。その間に寝ているだけだった赤ちゃんが寝返りをうつようになり、お座りができるようになって、少しづつコミュニケーションがとれるようになりました。その一つひとつをお母さんと一緒に喜べたのは、本当に幸せな時間でした。

 

平山さん:「ありがとう」

 

平山:あるご家庭で、子どもが赤ちゃんを含めて3人いるご家庭がありました。お仕事もあり、お母さんにはメンタルで通院する疾患もありました。お風呂掃除、トイレ掃除、洗い物など半年間お手伝いしましたが、お母さんとほとんど会話もなく、毎回「いつもどおりでいいですか?」と聞くと、「はい」という感じでした。引き続き支援が必要な様子でしたが、残念ながら支援が終了することになりました。最終日も通常通りに終わったのですが、事務局にあとからメールがきていて、「ありがとうございました、すごく助かりました」「言葉にしてしまうと涙が出てしまうので、メールですみません」という内容でした。今までは気がつきませんでしたが、本当はそんなに「助かるな」と思ってくれていたことにびっくりしました。対応が厳しいと感じる保護者の方もいらっしゃいますが、それは余裕のなさからきていて、本当はみんな心が優しくて、すごく頑張っているのだと思うようになりました。

Q4 子育てパートナーの活動で心構え・心がけていること

 

田中さん:心身ともにハッピーな状態で訪問する

 

田中:自分がつらい時期があったので、今は日々ハッピーでいたいと思っています。本当に小さなことですが、余裕を持って早めに現場の近くに行って、ひと息入れてから現場に向かえるように心掛けております。ご家庭に入ってからは、とにかくお家を丸ごと受け止める。ママにもパパにも「お疲れさまです」という気持ちを持って、良かったことを言葉にしています。自分にできることを無理なく楽しくやる、という心がけです。

 

平山さん:「一つ」を大事に精一杯、一生懸命やる!

 

平山:現場では何が正解かわからないこともありますが、その場で出来ることを一生懸命にやることが大切だと思っています。また、ご支援をしても、ご家庭に目に見える変化はないかもしれません。でも、その日にお風呂掃除をしたのであれば、その日にお母さんはお風呂掃除をしなくていいということです。それだけでも良かったと思います。

 

青木さん:ご家庭の応援団となる

 

青木:私はお家に伺う前に、たった2時間だけどお母さんに休んでもらおうと思っています。お母さんが元気なことが、お子さんにとって一番いいことです。私もそうでしたが、子育てはしっかりやらなくてはいけないと考えてしまうと、真面目な人ほど頑張り過ぎてしまうものです。お母さんが大変な時に訪問することで、みんなで一緒に乗り越えましょうという気持ちを持っています。

それだけではなく、私も赤ちゃんに毎回癒され、新しい家庭に伺う時が新しい出会いとなっています。人生が彩り豊かになると感じているので、今日お聞きの皆さん、ぜひ一緒に応援団になりましょう。

質疑応答

上段左から平山さん・青木さん・田中さん/下段左から濱田・岡田

 

濱田: ありがとうございました。三人のお話で、具体的な支援の場面がお聞きの皆様にもイメージできたと思います。

 

 

三人の子育てパートナーの方に活動していただいている部分は、画像一番下の養育支援訪問事業です。画像の上側にも産前産後の家庭に対する支援はありますが、相談のみで家事ができない建付けになっていることが多いです。

養育訪問授業もまだまだ人が足りませんが、全ての産前産後家庭に、相談だけでなく家事のお手伝いのできる訪問型支援が必要だとバディチームは思っています。そして、今回ご登壇いただいた3名の子育てパートナーのように、専門家ではなくとも、地域の皆様に活躍していただいているとご理解をいただければと思います。

 

 

Q1 支援に入られるときに、困ったことはありますか?

 

青木 : 一つは「玄関から先に入らないでください」というきつい感じのご家庭に伺った時です。ただ回数を重ねるごとに関係性ができて、最後は別れを惜しんでくださいました。

 

田中:あるお宅の時は限られた時間の中で、お料理の材料の買い出しから、料理までをこなさなくてはならず大変でした。慣れない場所で食材を買うお店がどこにあるかも分からず買い出しに行き、ご要望の品数も多かったのでバタバタしてなんとかやり終えたことがありました。

 

平山 : 私がお伺いしたお母さんはパニックになりやすい方でした。私がいる時に、お母さんが区の方と電話していたら、どんどんヒートアップしてパニックになってしまいました。私もびっくりしてしまいましたが、一緒に「うん!?どうしよう!うん!」「料理!?やりましょう!」「あれがない!?あります!」とか言いながら、とにかく一生懸命に対応しました。そうしたらある瞬間にふっと落ち着いて、無事に終わりました。

 

Q2 ご家庭に変化が見られると嬉しいというお話でしたが、あまり変化のない家庭もあると思います。そのような家庭に対してどのようにモチベーションを維持していますか?

 

田中:お家の中に家族でもない、親族でもない第三者が入るのは、すごいことだと思います。少し違う風を吹き込むだけでも、なにかのきっかけになるかもしれません。ご家族が振り返った時に、助かったなあと思ってもらえたらと思います。

 

濱田 : ありがとうございます。田中さんのお話は養育訪問事業に求められている役割に繋がる話だと思います。岡田さん、いかがでしょうか。

 

岡田: 厚生労働省のガイドラインには「家庭の課題の解決、改善を目指す」と書いてあります。しかし、実際の現場で簡単に改善までは至らないことも多いです。解決、改善よりも、そこにいてもらうことが大切だと思っています。その場にいてもらうことで、情報をみんなで共有して温めていくことができます。改善していないように見えても、パートナーの皆様にお家に行ってもらってることで、状況を悪化させないことが大事だと思います。また改善するときは、自然にふっと変わっていくと思います。

 

Q3 お子さんまたは利用者さんが感染症にかかられたときはどうしていらっしゃいますか。具合が悪い時ほど支援が欲しいと思いますが

 

岡田: やはり感染症の時は支援に入ることはできません。パートナーの皆様もいろいろなご家庭に行くので、次のご家庭にうつしてしまうことも考えられるからです。

コロナ禍ではパートナーの方にも、利用家庭にも不安があります。今までつながっていたご家庭から、今後は難しいというお話をいただいたこともあります。一方でパートナーさんも、それぞれご家庭の事情があるので、パートナーさんとご家庭の双方から了解が取れた場合のみ、継続していました。

 

最後に一言

 

平山:自分の子育て期は修行のようなつらい思い出もすごく多かったですが、今はそれを活かして子育てパートナーをしています。あの時の苦労を活かせることがすごく嬉しいですし、ぜひ皆さんにもパートナーにご参加いただければと思います。

 

田中:私は保育の資格がありましたが、資格がなくても子育てパートナーに参加できます。興味を持っていただけたのであれば、ぜひ一緒に活動したいという気持ちです。

 

青木:赤ちゃんを育てている家庭は外に出ることも大変だと思うんです。だからこそ、ご自宅に伺う支援は本当に必要だと思っています。またパートナーになって良かったことは、今まで降りたことのない駅に降りることです。迷ってしまうんですけど、楽しい経験ができます。

 

濱田:例え専門家ではなくても、自分自身も子育て中に大変だった、その経験を活かしながら活躍してもらっています。地域の住民に活躍してもらうことで、虐待を防止する。実は難しいことを地域の皆さんのご協力があればやれるのだと、伝わるといいなと思います。

 

岡田 : ありがとうございました。いろいろな人がいますし、パートナーさんたちも、それぞれの想いをもとに出発して参加してもらっています。皆様にも、ぜひ参加をご検討いただければと思います。

 

 

【メディア掲載】「女子SPA!」子ども虐待は行政だけでは防げない。孤立するママを助ける訪問サービスとは

お知らせ 2021.07.20

【メディア掲載】孤立しがちな親子の食事・育児・学習支援の訪問サービスとクラウド活用

お知らせ 2021.06.08

渋谷のラジオ「子どものソーシャルワーク、非行少年の立ち直り支援~NPO法人日本子どもソーシャルワーク協会の活動への思い~」

渋谷のラジオ 2021.06.01